Loading

集客のヒント集

レスポンシブデザインのメリット・デメリット

「レスポンシブデザイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「レスポンシブデザイン」は、比較的新しいホームページやブログのモバイル対応(スマホ対応)の一つの手法です。従来、サイトのスマホ対応を行う場合、PC用とスマホ用に2つのファイルを用意するのが一般的でしたが、「レスポンシブデザイン」は1つのファイルをCSS(スタイルシート)というもので、PC用とスマホ用にデザインします。

【関連記事:レスポンシブデザインというスマホ対応とは?

スマホ用に別のファイルを用意する必要がなく「1つのファイル」で済むというのがレスポンシブデザインの特徴で、サイト制作費も安く上がり、サイト管理がしやすくて運用が楽といったメリットがありますが、「レスポンシブデザイン」のメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

■レスポンシブデザインの長所

  • 管理するファイルが1ページにつき1つで済むので更新などのサイト管理がしやすい。
  • (スマホ対応を前提としたホームページ制作で)制作するページ数が少なくて済むので制作費が安く済む。
  • スマホ用に別のURLを設ける必要がなくなるので、SEO上有利になる。

3点目の部分を補足すると、レスポンシブデザインでない従来の制作手法だと、PC用のページのURLとスマホ用のページのURLが分かれます。同じ内容(もしくはよく似た内容)で2つのページができることになりますが、原則として同じ内容やよく似た内容で複数のページが存在することは検索エンジンは好まないため、レスポンシブデザインの方がSEO上有利に働きます。

こうしてレスポンシブデザインのメリットを見ると、いいことずくめのように感じますが、スマホ対応として万能のように思える「レスポンシブデザイン」にもデメリットがあります。

■レスポンシブデザインのデメリット

  • 制作が複雑になるため、レスポンシブデザインサイトの制作ができる業者が限られる。
  • スマホ・タブレットといったデバイスの解像度によって、自動変形させるため、デザインの自由度が劣る。
  • ファイル数(ページ数)は少なくて済むが、1ファイルの構造が複雑で、サイトを開く際に挙動が重くなりがち。

といったデメリットがあります。特に集客面から考えた時、デザイン面での自由度が劣ること自体は大きな問題ではありませんが、サイトの挙動が重くなる(サイトを開くスピードが遅くなる)のは大きなデメリットになります。

レスポンシブデザインは今後のスマホ対応の手法として、間違いなく主流になっていくでしょう。もし、サイトからの集客をお考えであれば、レスポンシブデザインのデメリットを最小限に抑えながら、レスポンシブデザインのメリットが享受できるように注意すべきです。

SEOってなに?

検索順位を上げる4つのポイント

関連記事

  1. ホームページのアクセスを増やす方法

    2016.10.14
  2. ホームページを更新したら検索順位が下がる!?

    2016.09.15
  3. 集客に必要なホームページのページ数とは?

    2016.10.11
  4. 売れるホームページとデザイン性・サイトUI

    2016.09.13
  5. 検索順位が上がるホームページとは?

    2016.10.08
  6. ホームページを作るならページ数はケチらない

    2016.09.08
PAGE TOP