Loading

集客のヒント集

ランディングページ作りはストーリーが大切

ランディングページは(Landingpage)とはホームページの一種で、縦長の1枚ものの形状をしている集客専用のページです。ランディングページは、問い合わせ率や購入率が通常のホームページより高いため、効率よくサイトアクセスを集客につなげることができます。

【関連記事:ランディングページとは?

ランディングページで集客力が高くなる要因は、その縦長1枚ものの形状にもありますが、ランディングページ自体の内容構成が大きく影響しています。

ランディングページ作りの前提として、売ろうとする商品やサービスが存在します。ランディングページをいくつかのパートに区切ると、通常、ランディングページは、大きく「売りたい商品やサービスの特徴や購入するメリットを伝えるパート」と「商品やサービスを購入したり使ったりする上での安心感を与えるパート」から構成されます。

ランディングページ作りでは、限られたページ長の中で消費者に商品やサービスを買っていただくために、効率的に商品・サービス内容を伝え、かつストーリを考えた構成が要求されます。

売り手の側から考えたストーリーとなっているランディングページをよく目にします。例えば、パンフレットに載っているような自社商品やサービスの内容や使うメリットを繰り返して長々と書いているようなパターンです。こういったランディングページでも一程度の集客効果はあるのですが、やはり唐突感や売り込み色が強くなってしまい、敬遠する消費者も多くなります。

では、あるべきストーリーとはどういったものなのでしょうか?
本来、ランディングページに必要とされるストーリーの主人公は「消費者」です。まず、既存の商品やサービスで満たされない消費者の悩みがあり、自社の商品・サービスを消費者が使うことでどう悩みを解決できるのか、に焦点を当て、順序立てて構成していく必要があります。

文章で「起承転結」という言葉がありますが、ランディングページも同様です。消費者の心を打つランディングページにするには、消費者の立場に立ってストーリーを考えることが重要です。

綺麗にデザインされると、いかにも売れそうなランディングページに見えますが、一番大事なのは、デザインではなく、ランディングページに記載された内容です。デザインはランディングページの内容をわかりやすく補完するものでしかありません。見た目にとらわれることなく、その内容を重視しましょう。

御社がランディングページを作る時、お客様の顔をイメージできていますか?お客様へ向けたストーリーができていますか?

ランディングページとは?

SEO対策会社の能力のあるなしを見分ける方法

関連記事

  1. ランディングページを作る前に考えておきたいこと

    2016.10.09
  2. ランディングページとは?

    2016.10.18
  3. ランディングページがホームページより集客できる理由

    2016.09.13
  4. 売れるランディングページと売れないランディングページの差

    2016.10.06
  5. レスポンシブデザインというスマホ対応とは?

    2016.09.20
  6. ランディングページ制作で失敗するパターン

    2016.09.07
PAGE TOP