Loading

集客のヒント集

ランディングページとは?

ランディングページ,ランディングページ制作

今回は、ランディングページ(Landingpage)について触れてみましょう。インターネットの集客ツールとして、知名度が上がってきているランディングページとは、どういったものなのでしょうか。

ランディングページとは、ホームページの一種です。縦長の1枚ものの形状をしていて、スクロールで上下方向のみに動きます。例えて言うなら、通常のホームページをパンフレットとすると、ランディングページはチラシに似ています。数ページ〜数十ページからなるパンフレットよりも、1枚もののチラシの方が単一の商品やサービスの販売には向いているように、ホームページよりランディングページの方が単一の商品やサービスの販売に向いています。

ランディングページの特徴である「集客力」は、具体的には「問い合わせ率」や「購入率」が高まるということです。ランディングページを使うと「問い合わせ率」や「購入率」が高まる理由としては、

  • 動作を制約して縦方向しか動かない「形状」により、ページ閲覧者の「集中力」が高まる
  • 売れるために必要な「項目」を効率よく配置することで「購買意欲」が高まる
  • 売れるための「Webデザイン」がなされていることで「問い合わせ率」や「購入率」が高まる

という主に3点にあります。

つまり、ランディングページがランディングページである所以は、その「形状」と「項目」にあります。

特に「項目」は重要です。売れるランディングページには、

  • 商品・サービスの優れている点を消費者目線で伝える
  • 商品・サービスを使う安心感を伝える

のポイントが必ず入っています。

お客様であらかじめ原稿(「ワイヤーフレーム」と言います)を用意して、「この通りの内容でデザインして、ランディングページを作ってください」と言われることもありますが、マーケティングに長けたお客様が原稿(ワイヤーフレーム)を作らないと、一方的に自社の商品やサビスを売り込む、効果の出にくいランディングページになりかねません。

ランディングページの特徴を生かし、売れるランディングページにするために、基本的には「どんな商品・サービスを売りたいのか」「その商品・サービスにはどんな特徴があるのか」をランディングページ制作会社に伝えて、任せてみると良いでしょう。

ホームページのアクセスを増やす方法

ランディングページ作りはストーリーが大切

関連記事

  1. ランディングページ作りはストーリーが大切

    2016.10.19
  2. レスポンシブデザインというスマホ対応とは?

    2016.09.20
  3. 売れるランディングページと売れないランディングページの差

    2016.10.06
  4. ランディングページ制作で失敗するパターン

    2016.09.07
  5. ランディングページを作る前に考えておきたいこと

    2016.10.09
  6. ランディングページがホームページより集客できる理由

    2016.09.13
PAGE TOP